おすすめ動画

おすすめの動画を紹介(*^_^*) アニメ、映画、ドラマ、バラエティなどなど。動画配信サービスで、スマホやタブレットやノートパソコンでも見れます。

*

ホームランドシーズン6 6話感想

      2017/05/30

ホームランドシーズン6の6話を見ました。

何が何だかわからないうちにストーリーが進んでますね。いろんななぜ?がたくさん出てきた6話目でした。

キャリーは、どうなるのか?次期大統領からの信頼は?ソールは、アダールの企みを知っているのでしょうか?何が起きようとしているのか?伏線らしきことが多すぎて一体どうなるのか?

シーズン6の後半で、これらの伏線は回収されていくのでしょうけれども、もう1回ゆっくりみないとわからないかもしれません。

ホームランドシーズン6 6話の感想とネタバレ

ここからは、ネタバレ注意です。

キャリーの家に立てこもったクインは、逮捕されて、精神疾患の病院に隔離されてしまいます。クインが撮った写真を手がかりにして、FBI捜査官のコンリンも動き出します。

サードを呼び出して、キャリーの家を監視していた男の写真を見せても、サードも知らないといい出す始末で、何かおかしいとコンリンも感じ始めます。

一方、ソールは、モサドがイランの核合意違反をでっち上げたのではないかと動き出します。ですが、いろいろと妨害が入ります。モサドの諜報員のドヴァの動向を探ろうとしても、資料が手に入らなかったり、ニューヨークで監視が付いていない事実が知らされます。

ソールは別のルートで情報を取りますが、CIAの中で、除け者に鳴っているのは明らかになりました。アダールはソールには全く何も知らせずに、何を企んでいるのでしょうか?

イスラエルの諜報機関、モサドの影がちらつきますが、なぜニューヨークに居るのでしょうか?

ニューヨークであった爆弾テロにより、次期大統領はニューヨークから、安全な場所へと移動を余儀なくされましたが、彼女の側近たちは別の場所に避難させされました。

そして、いろいろな妨害がはいって、次期大統領は全く外部と連絡が取れない状態になっていましたが、ようやく首席補佐官が到着しました。

が、次期大統領は、行方不明で、SPが必至に探している途中でした。

次期大統領は、勝手に抜け出して、地元の女性の車にのって、ニューヨークに向かっていました。それを追っかけるSPたち。

結局次期大統領は、強引にニューヨークに戻ってきたのでした。

FBI捜査官のコンリンは、爆弾テロに使われた、セクーの乗っていた車を洗い出して、とある施設にたどり着きました。そして、コンリン1人で、その施設に乗り込みます。

そこには、元FBIやNSAなどの国家安全保障に関わる人がたくさんリクルートに来ていました。コンリンから電話を受けて、彼の自宅に向かったキャリーですが、すでにコンリンは何者かに殺害されていました。

そしてまだ、コンリンの家にいた何者か(キャリーの家を監視していた男)に見つかってしまいます。

一方、クインは、夜に何者かに薬を注射されて、どこかに連れ出されます。意識に遠のくなかで、見えた顔はまさか・・・・懐かしいドイツのエージェント、アストリッドでした。

一体どうなっているのでしょうか?

7話に続きます。

ホームランドシーズン6 6話(帰還)の感想

冒頭にも書きましたが、いろんなことが同時に起こってしまって、どうなっているのか謎が謎を呼びますね。

アダールとモサドは何を企んでいるのでしょうか?イランの核合意の違反をでっち上げて、何をするのでしょうか?

ソールとアダールは同じ利害関係だったはずが、なぜソールは除け者されてしまったのでしょうか?ヨルダン川西岸地区で、革命防衛隊のジャバディに会ったことが、なぜだめだったのでしょうか?

もともとは、イランの核合意違反の真相を探りに行ったはずが、なぜこういった仕打ちを受けているのか?

そして、コンリンはなぜ殺されたのか?

コンリンを殺した男は、キャリーの家をなぜ監視しているのか?

クインは、なぜドイツのエージェントに連れ去られたのか?

次期大統領は、隔離先からニューヨークに無理やり戻ってきましたが、彼女はなぜ隔離されてしまっていたのか?

いろんなことが、起こって、謎だらけの6話でした。何かが起こる前兆なのでしょうか?

早く7話もみたいです。

ホームランドシーズン6は、Huluにて、配信中です。

Huluのアプリがリニューアルされて、画質が大きく上がったのでおすすめです。

 

 - おすすめドラマ , ,