おすすめ動画

おすすめの動画を紹介(*^_^*) アニメ、映画、ドラマ、バラエティなどなど。動画配信サービスで、スマホやタブレットやノートパソコンでも見れます。

*

ホームランドシーズン6 8話の感想

      2017/05/30

ホームランドの魅力は、24のスタッフが再結集しているだけあって、リアルな状況設定にスリルのあるスピーディーな展開、そして、たくさん散りばめられた伏線や疑問を回収していく楽しさだと思っています。あくまでも個人的な意見です。

また、主要人物のキャラクター設定も魅力の1つで、主人公のキャリーは、双極性障害(躁うつ)を患っていますし、シングルマザーでもあります。すぐにキレるし、パニックになることもあります。ですが、CIAエージェントとしての技量はピカイチで、今回のシーズン6では、CIAを辞めていますが、結局は巻き込まれてしまうというストーリーです。

前置きが長くなりましたが、シーズン6の8話を見たので感想などを書いておきます。ネタバレ注意なので、まだ見ていない方はご注意下さい。

ホームランドシーズン6の8話のネタバレ

ここからは、ネタバレ注意です。7話で疑問に感じたことが、8話では一部判明しました。

また、そもそもなんで、CIAを辞めたキャリーに、アダールは、監視をつけていたのか?というシーズン6の最初からの疑問もほぼ解決しました。

キーン次期大統領

次期大統領が、ニューヨークで爆発があったときに、強制的に避難させられましたが、それは実は次期大統領を貶めるための作戦だったのですね。次期大統領の息子が戦死したときに起きたことを、生存者にインタビューする番組の収録が始まっていました。ですが、そこには重大な事実を隠されたまま番組が作られようとしていたのです。

次期大統領の息子は、味方の負傷者を助けようとして後ろから銃弾に撃たれて戦死したのですが、その時の映像をアダールから入手したテレビ局のディレクターは、その直前の映像だけを流すことで、敵前逃亡したと思わせようとしていたのです。

キャリー

ソールはジャバディの亡命を叶えるために次期大統領に会う必要がありましたが、CIA内部に裏切り者が居ることがわかっているので、正規のルートでは、次期大統領に会うことができず、キャリーとのつてを頼りに会いに来ました。

キャリーはフラニーに会うことができず、混乱していました。双極性障害の症状が出ていたのです。ソールは、キャリーにフラニーが居る施設の場所を案内します。それと引きかえに、次期大統領に会うようお願いするのです。

ピーター・クイン

アストリッドと湖畔の別荘で暮らし始めましたが、アストリッドが自分を殺すのではないか(アダールの命令で)という疑念をかくし切れないクインは、アストリッドがジョギングに行った間に家探しをします。そして、車の中に隠されていた銃を見つけ、念のために中の銃弾を全て抜いて捨てます。

さらに、買い物に行ったときに、例の帽子の男らしい人物を見つけます。まさに疑念が当たったと思ったクインは、買い物から帰って、アストリッドを追求します。そして、アストリッドを殴って、脱出し、帽子の男が居たモーテルで、帽子の男を待ち伏せして、襲撃します。

ですが、襲撃した男は人違いで、例の帽子の男ではなかったのです。急いでアストリッドのもとに戻るクイン。必死にアストリッドを探し、謝ります。なんとか、許してもらったのですが、その時、外から銃の照準が当たりました。

必死に避けたクインでしたが、負傷。アストリッドは、車の中に銃があると取りに行きますが、その銃には弾が入っていません。クインはそれに気付いてアストリッドを止めようとしますが、間に合いません。

急いで車に行って、アストリッドは銃を構え打ちますが、弾がありません。帽子の男のライフルで撃たれてしまいます。クインは必死に逃げて、湖に飛び込みなんとか殺されることは免れました。

ソール

キャリーに次期大統領にジャバディを会わせてもらうように依頼することに成功し、ジャバディを次期大統領にあわせます。そこで、イランが核合意を違反していないことを証言させようとします。

ですが、次期大統領に会った、ジャバディは、全く逆のことをいいます。イランが密かに、北朝鮮にお金を払っていたことを証言するのです。なぜ、真実でないことを話しするのか全く理解できないソールは必死に次期大統領に訴えますが、聞き入れられません。

実は、ジャバディには、アダールからも亡命の話があって、ソールの話を蹴ってアダールになびいたのです。勝ち馬に乗るということですね。キャリーもソールの方が真実だということを次期大統領に訴えますが、フラニーのことが尾を引いていたのか、次期大統領は、耳を貸しません。それどころか、

「そもそもあなたを信じたのが間違いだった、さよならキャリー」

と絶縁宣言ともとれる言葉をもらいます。どうなるのでしょうか?

アダール

アダールの目的が全く見えなかったのですが、8話でようやく何をしたいのがが分かってきました。セクーの爆弾テロを偽装したのは、次期大統領をニューヨークから避難させて弱腰の大統領だという印象操作をしたかったようですね。

さらに、戦死して英雄となった息子を貶めるようなドキュメンタリーを放送することで、世論を操作しようとしているようです。

また、イランが核合意を破っていることを、イスラエルのモサドとでっち上げて、イランに対して強硬姿勢を取るように次期大統領にもとめるのかもしれません。

でも、なぜアダールはイランを攻撃するように仕向けたいのでしょうか?そこはまだ謎ですね。

さらに、ピーター・クインが邪魔ならなぜ国外に出さないのでしょうか?そこに疑問を持ったのがピーター・クインで、それゆえにアストリッドを疑ってしまいます。最終的には帽子の男が狙ってきたので、やはりピーター・クインは邪魔者扱いされているということですね。

ホームランドシーズン6の8話(錯誤)の感想

シーズンの前半にあった伏線がこの8話で少し回収されました。アダールの企みがなんとなく見えてきましたね。非常に周到に準備して来たことを思わせます。

アダールがイランの核合意違反をでっち上げて何をするのかはわかりませんが、そのために邪魔なキャリーやソール、クインを排除しようとしているのは明白ですね。

次期大統領との信頼関係を失わすために、フラニーを隔離させたり、ピーター・クインを病院から隔離させたり、ソールに仕事をさせないようしたり、ジャバディを逆に取り込んだり、次期大統領の息子を貶めるでっち上げドキュメンタリーを作ったり。

ここから、キャリー&ソールの反撃はどのようになされるのでしょうかね?

次期大統領の政策に危惧して、大統領の配下にあるはずのCIAが逆に大統領を操作しようとするというのが、トランプ大統領とかブルのは気のせいでしょうかね。

番組制作スタッフは、トランプ大統領より、ヒラリー・クリントンさんが当選すると思っていたのかもしれませんが。。。

ここから、予想される怒涛の展開も楽しみです。

Huluだと見放題で追加料金がかからないので楽しいです。ホームランドの過去のシーズンも配信中なので、最初から見る方にもおすすめです。

 - おすすめドラマ ,